2020/05/28

ナースの英会話(4) 「これから注射をしますよ」

125 views

ナースの英会話、第4回。今回は、外来でよくする処置として、注射に関わる表現を取り上げます。外国の患者さんがリラックスして注射を受けられるように、必要最小限の表現をマスターしておきましょう。
引用元の書物は、『東大病院発 医療スタッフのための英会話』(ベレ出版)です。

注射の前に伝えておきたい表現は…。

まずは、医師からの説明の有無を確認しましょう。
また、アルコールアレルギーの有無も確認します。

What did the doctor explain to you about the injection and procedures, and other important points ?

注射の目的と方法、その他重要な点について医師からどのような説明を受けていますか。

injection:注射
procedures:手順、手続き。procedureの複数形

Do alcohol swabs give you a rash?

アルコール綿でかぶれることはありますか。

alcohol swabs:アルコール綿
rash:発疹

注射するときに話しかける表現は…。

リラックスしていただけるように話しかけましょう。
副作用についてもしっかり確認します。

I’m going to give you the injection in your arm.

これから腕に注射をします。

I’m going to give you an infusion.

これから点滴をします。

infusion:点滴

Roll up your sleeve, please.

洋服の袖を上げてください。

sleeve:衣服の袖

Do you feel numbness in your fingertips?

指先はしびれませんか。

numbness:しびれ
fingertips: 指先。fingertipの複数形。指先

Do you feel unwell?

気分は悪くないですか。

注射が終わった後に伝える注意点は…。

薬剤によって内容は異なりますが、処置後の禁忌事項についてちゃんと理解してもらいたいですね。その一例を紹介します。

Do not take a bath or shower today.

今日は入浴、シャワー浴をしてはいけません。

Do not drink any alcohol today.

今日はアルコールを摂取してはいけません。

Do not do any strenuous exercise today.

今日は激しい運動してはいけません。

strenuous:熱心な、奮闘的な


今回は、前回に引き続き、外来で役立つフレーズをご紹介しました。
次回は、入院する患者さんに話しかける表現を勉強しましょう。どうぞお楽しみに♪

画像提供:PIXTA

『東大病院発 医療スタッフのための英会話』
著者 東京大学医学部附属病院英語マニュアル出版プロジェクトチーム
発行・発売 ベレ出版

外国人の患者さんにも自信を持って対応できるようになる1冊。
看護職以外の職種に役立つ英語表現も豊富に掲載されています。

メンバー登録して、記事下のコメント欄から、ご意見・ご乾燥をお寄せください。
記事投稿者プロフィール
  • 看護・医療に関わる情報から、さまざまな生活情報まで、看護職の皆さんにとって役立つ情報を集め配信します。皆さんからの「こんなことを知りたい!」「ほかのナースは...

みんなに広げよう!

1+
avatar
コメントを書く

関連記事

おすすめ記事

知りたいこと、疑問、あなたに代わって調べます。

取材リクエストを送信するにはログインする必要があります。