2019/09/20

ナースの英会話(1)「どうなさいましたか?」

80 views

グローバル化が進み、病院でも外国人の患者さんを多く見かけるようになりました。患者さんの身近な存在である看護職の皆さんにとって、英語を必要とする場面も増えていると思います。そこで、いろいろな場面に役立つ簡単な英語のフレーズをシリーズで紹介していきます。引用元の書物は、『東大病院発 医療スタッフのための英会話』(一部、本書に掲載されていない英語表現も掲載しています)です。
第1回目は、外来で役立つフレーズをご紹介します。

患者さんの症状を確認するときの表現は…

What is the problem?
(ワット イズ ザ プロブレム)

どうなさいましたか。

Do you have a fever?
(ドゥ ユー ハ バ フィーバー)

熱はありますか。

How are you feeling today?
(ハ ワ ユー フィーリング トゥデイ)

体調はいかがですか。

患者さんの訴えには、たとえば、次のような症状があります。

runny nose
ラニーノーズ

鼻水が出る

headache
ヘデイク

頭痛

stomachache
ストマックエイク

腹痛

sore throat
ソアスロート

喉の痛み

cough
コフ

chest pain
チェストペイン

胸痛

rash
ラッシュ

発疹

itchy
イッチー

かゆい

become swollen
ビカム スウォルン

腫れる

vomit
ボミット

吐く、戻す

「嘔吐」には、いろいろな表現があります。

看護職:
Do you feel like vomiting?

(ドゥ ユー フィール ライク ボミティング)

吐き気はありますか。

Have you vomited?
(ハブ ユー ボミティド)

嘔吐しましたか。

Are you vomiting?
(アー ユー ボミティング)

嘔吐していますか。

このように、嘔吐について聞くときはvomitを使うことが一般的です。
素直な答え方では、次のようにvomitを用います。

患者:
I vomited yesterday.

(アイ ボミティド イエスタディ)

私は昨日、吐きました。

しかし、vomit以外に、アメリカ英語ではthrow up(吐く)を使うことがあります。

患者:
I’ve thrown up.

(アイブ スローン アップ)

はい、嘔吐しました。

I’ve been throwing up.
(アイブ ビーン スローイング アップ)

ずっと吐いています。

また、イギリス英語ではsickを使うこともあります。

患者:
I’ve been sick.

(アイブ ビーン シック)

ずっと具合が悪くて嘔吐しています。

I was sick two times last night.
(アイ ワズ シック ツー タイムス ラストナイト)

昨夜、2度、吐きました。

今回は、基本的な症状の聞き方や症状の一例、嘔吐の表現についてご紹介しました。
次回は、「痛み」の表現について、もう少し突っ込んでご紹介したいと思います。どうぞお楽しみに。

画像提供:PIXTA

『東大病院発 医療スタッフのための英会話』
著者 東京大学医学部附属病院英語マニュアル出版プロジェクトチーム
発行・発売 ベレ出版

外国人の患者さんにも自信を持って対応できるようになる1冊。
看護職以外の職種に役立つ英語表現も豊富に掲載されています。

メンバー登録して、記事下のコメント欄から、ご意見・ご乾燥をお寄せください。
記事投稿者プロフィール
  • 看護・医療に関わる情報から、さまざまな生活情報まで、看護職の皆さんにとって役立つ情報を集め配信します。皆さんからの「こんなことを知りたい!」「ほかのナースは...

みんなに広げよう!

5+
avataravatar
コメントを書く

おすすめ記事

知りたいこと、疑問、あなたに代わって調べます。

取材リクエストを送信するにはログインする必要があります。