2019/08/21

1960年代、欧州(ヨーロッパ)映画は「太陽」が花盛り。

150 views

はじまりは「太陽がいっぱい」から

はい。みんな、お元気? 夏の盛りは過ぎたけど、まだまだ暑いわねえ。去年の夏よりはマシって言うけれど、過ぎ去ったことは覚えてないから今が暑い! でしょ? 真夏とくれば太陽。そこで今回は、タイトルに「太陽」のつく映画を紹介してみようと思うの。

1960年代の、おフランス映画やイタリア映画には、やたらと「太陽」がついたのよ。そのきっかけはやっぱりあの映画ね。ほら、もう頭のなかでメロディが流れているわ。ニーノ・ロータの甘美な旋律が……そう、「太陽がいっぱい」。

アラン・ドロンを一躍トップスターに

え?「太陽がいっぱい」知らないの? 1960年製作の映画だから古いと言えば古いわね。でもこれは、仏伊合作ルネ・クレマン監督の不朽の名作よ。観て損はないわよ。原題はフランス語でPlein soleilっていうんだけれど、意訳すれば「降り注ぐ太陽の光」とか「真夏の太陽」になるらしいから、邦題の「太陽がいっぱい」はなかなかイカシてると思うわ。「イカシてる」なんて死語ね。ほほ。これはなんと言ってもアラン・ドロンが素晴らしい。貧しく野心を持った美青年を演じさせたら、彼の右に出る役者はいないわ。世界中の女性が彼の虜になってしまったわね。その後、日本の洋画配給会社はフランスとかイタリアの映画のタイトルに、やたら「太陽」をつける傾向があったのよ。内容とほとんど関係ないのにね。

そして「太陽はひとりぼっち」

「太陽がいっぱい」の二年後、アラン・ドロン、モニカ・ヴィッティ主演で「太陽はひとりぼっち」という伊仏合作映画が公開されたの。原題はL’Eclisseといって、この語の意味を直訳すると月蝕や日蝕の「蝕(食)」「失墜」などになるんだって。なんとなく哲学っぽいでしょ。監督はイタリアのミケランジェロ・アントニオーニ。もう巨匠のなかの巨匠ってカンジ。退屈な日常や愛の不毛を撮らせたら世界一(?)。この方は、簡単に言えばいいことを小難しく言うから、私なんかイライラしちゃうわ。日本ではね、主題歌は流行ったけれど映画はあまりパッとしなかったわ。でも邦題の「太陽はひとりぼっち」、これはなかないけてるんじゃない?

その後も続々と「太陽」映画が!!

1960年代、主にヨーロッパ映画のタイトルに「太陽」をつけるのは一つの流行だったわね。こんな映画もあったわ。「太陽は傷だらけ」。なんとなく昔の日活映画みたい。この映画は、ロベール・オッセン主演のイカサマ賭博師の話で、これがどうしようもないクズなのよ。なんでアヌーク・エーメみたいなキレイな女性が惚れるのよって思っちゃう。クズと美女は昔から定番ね。映画のなかで確かにボロボロになるんだけど自業自得よ。でもあれが「太陽」なのかしら。そうそう「太陽の下の10万ドル」というのもあったわ。これは、ジャン=ポール・ベルモンドとリノ・ヴァンチュラ主演のアクション映画で、厄介な女が絡むのよ。女に振り回された挙句、手にした10万ドルは……。このパターンもよくあるわね。ほかにも「太陽の下の18歳」「太陽のかけら(スウェーデン映画)」「太陽が知っている」「太陽の中の対決(アメリカ映画)」などなど「太陽」だらけ。ほほ。こんなのどうかしら。「太陽がいっぱい」だから「太陽の下の10万ドル」を求めて「太陽の中の対決」をしたら、「太陽は傷だらけ」で「太陽はひとりぼっち」。お粗末。じゃ、またね。


タイトルに「太陽」のつく主な映画

「太陽がいっぱい」(1960)仏伊合作映画
監督     ルネ・クレマン
出演     アラン・ドロン
    モーリス・ロネ

「太陽はひとりぼっち」(1962)伊仏合作映画
監督     ミケランジェロ・アントニオーニ
出演     アラン・ドロン
    モニカ・ヴィッティ

「太陽は傷だらけ」(1963)フランス映画
監督     クリスチャン・マルカン
出演     ロベール・オッセン
    アヌーク・エーメ

「太陽の下の18歳」(1963)イタリア映画
監督     カミロ・マストロチンクェ
出演     カトリーヌ・スパーク

「太陽の下の10万ドル」(1964)フランス映画
監督     アンリ・ヴェルヌイユ
出演     ジャン=ポール・ベルモンド
    リノ・バンチュラ

「太陽のかけら」(1965)スウェーデン映画
監督     グンナール・へグルント
出演     マチアス・ヘンリクソン
    マウデ・アデルソン

「太陽の中の対決」(1967)アメリカ映画
監督     マーティン・リット
出演     ポール・ニューマン
    リチャード・ブーン

「太陽が知っている」(1969)仏伊合作
監督     ジャック・ドレー
出演     アラン・ドロン
    ロミー・シュナイダー
    モーリス・ロネ

画像提供:PIXTA

メンバー登録して、記事下のコメント欄から、ご意見・ご乾燥をお寄せください。
記事投稿者プロフィール
  • 日本や欧米のポップカルチャー、スポーツなどを題材にして、みんなの仕事の励みや暮らしの潤いになるようなお話をします。

みんなに広げよう!

3+
avataravatar
コメントを書く

関連記事

おすすめ記事

知りたいこと、疑問、あなたに代わって調べます。

取材リクエストを送信するにはログインする必要があります。