2019/04/22

〈緩和ケア〉を伝える、広げる。

111 views

痛みをコントロールして
その人らしい生活を取り戻すために。

緩和ケア認定看護師 奥村利恵
一宮市立市民病院

平成30年10月9日、一宮市立市民病院に、
尾張西部医療圏では初めての緩和ケア病棟が誕生した。
その病棟の立ち上げに参加し、現在、同病棟に勤務する、緩和ケア認定看護師の奥村利恵。
奥村が志向する緩和ケア病棟のあり方や、緩和ケア認定看護師の役割について話を聞いた。

紙面版PDFをダウンロード

ホスピスではなく、がん患者の闘病生活を支える緩和ケア病棟が作りたかった。

一宮市立市民病院の緩和ケア病棟は、新棟の5階。病室はすべて個室タイプで全14室。どの部屋も大きな窓から明るい光が差し込み、心地いい環境が整えられている。この病棟は検査や治療を行わず、身体的、精神的苦痛を和らげることを目的としたところ。フロアには、ゆったりした穏やかな空気が流れている。

「ここでは、病院というより、生活の場に近い雰囲気づくりを大切にしています。たとえば、コーヒー好きの方には、ボランティアさんの協力を得て、ティーサービスを提供しています。患者さんの痛みが和らいで穏やかな表情を見せてくれたり、中庭に出て、ご家族と楽しそうに歓談している様子を見たりすると、この病棟ができて本当によかったと思います」。そう語るのは、緩和ケア認定看護師の奥村利恵。奥村は平成28年から始まった緩和ケア病棟の準備プロジェクトに参加し、理想の病棟づくりに情熱を燃やしてきた。奥村がめざしたのは、どんな緩和ケア病棟だったのだろう。

「どうしても譲れなかったのは、ホスピスのように、看取りだけの場所にしないこと。そうではなく、症状が辛いときに入院し、痛みをコントロールして、また生活に復帰していただく。そんな病棟にしたかったんです」。その願い通り、現在、緩和ケア病棟の入院目的は、看取りが50%、それ以外が50%。家族の介護疲れをいやすためのレスパイト入院を含め、多様な目的で利用されている。「退院後も安心して暮らせるよう、退院支援部門のスタッフやがん相談支援センターとの連携を日頃から大切にしています。まだ開棟後間もなく、課題もありますが、看護師長をはじめ、病棟スタッフと相談しながら、患者さんにとってより良いケアを模索しています」と、奥村は話す。

奥村は現在、緩和ケア病棟で入院患者を支えるかたわら、緩和ケアチームの一員として組織横断的に活動。さまざまな病棟から依頼を受け、多職種から成る専門チームで入院しているがん患者の辛い症状の緩和に尽力している。また、毎週木曜日は〈緩和ケア外来〉の担当看護師として、在宅で療養しながら、通院しているがん患者と家族の相談に応えている。まさに、緩和ケア認定看護師の専門性をフルに発揮し、がん患者と家族の身体的、精神的、社会的苦痛の緩和に尽力している。

緩和ケアのスキルをすべての病棟へ。そして地域へ広めていく。

奥村が緩和ケア認定看護師の資格を取ったのは、平成27年。以前からがん性疼痛や緩和ケアに興味を持ち、自主的に研修を受けて知識を深めてきた。「がんの治療中は、痛みや吐き気、息苦しさ、だるさなどさまざまな症状がでます。それらの辛さを薬物療法でコントロールできる人もいますが、そうでない人もいます。薬物療法と合わせて、マッサージなどの看護ケアを加えることで、苦痛が和ぐこともある。がんの辛さを軽減するには、私たち看護師がちゃんと学び、エビデンス(科学的根拠)に基づく看護を実践すべきだと考えたんです」。

約半年間の通学で、奥村は大きな気づきを得たという。「それは、〈認定看護師が特別な存在になってはいけない〉という教えです。患者さんを看るのは現場の看護師。私たちだけが専門家なのではなく、すべての看護師が同じような専門性を発揮できなくては意味がないと考え、スタッフの指導に力を入れています」。具体的には、各病棟に1名ずついるリンクナース(緩和ケアチームと病棟看護師を繋ぐ看護師)を集めて、勉強会を開催。また、緩和ケアの〈院内認定看護師〉の養成にも力を注ぐ。これは、緩和ケアに興味を持ち、所定のレベルをクリアした人を認める制度だが、現在11名に増えた。「そういったコアなメンバーを中心に、院内で緩和ケアを広めていきたいです」と奥村は言う。さらに奥村は、緩和ケア教育を、地域の施設や訪問看護師へも広げていきたいと意欲を見せる。「がんの痛みさえ取れれば、家に帰りたい、という方がすごく多くいらっしゃいます。そういう方々が在宅に戻り、自分のやりたいことができるように、地域の方々と一緒に力を尽くしていきたい」。奥村は緩和ケアの伝道師として、がんと共に生きる人々を支えていく。

奥村が看護師として大切にしている思いは、孤独のなかにいる患者に寄り添うことだという。「自分で痛みを訴えられる方はいいのですが、そうでない方や身寄りのない方は、一人で苦しみに耐えています。そういう方々の辛さを見逃さないよう、しっかり時間をとってお話しするよう心がけています」と話す。

COLUMN

  • 緩和ケア病棟が開設された新棟では、がん診療の機能も充実した。新たに手術支援ロボット・ダヴィンチ専用の手術室を開設。前立腺がんを中心に、最先端のダヴィンチ手術を行っている。すでに2つの症例を担当した、泌尿器科・結石破砕部長の初瀬勝朗は次のように話す。「充分にトレーニングを積んだ上で、緊張感を持って手術に臨みました。ダヴィンチは3Dの視野で丁寧に手術でき、尿道の吻合もしっかりできる。その実力を再認識しましたし、何よりも患者さんの負担を少なくできる利点があります。これからさらに、実績を重ねていきます」。
  • この新棟の完成によって、同院はがん診療のキュア(治療)とケア(看護)の両面を充実させたことになる。「地域がん診療連携拠点病院として、より専門的な医療を提供できる体制が整いました。この最新の環境を活かし、地域のがん患者さんを支えていきます」と初瀬は意欲を語る。

BACK STAGE

がんと共に生きる時代に必要な〈治し、支える〉医療機能。

  • 日本人の2人に1人ががんになって、3人に1人ががんで死ぬといわれている。まさにがんと共に生きる時代に、どんな医療機能が必要だろう。そのことを真摯に見つめて作られたのが、一宮市立市民病院の新棟だろう。
  • ここには、〈治す〉機能として、手術支援ロボット・ダヴィンチが配備され、最先端のがん治療を提供する環境が整えられた。同時に、本編で紹介した〈緩和ケア病棟〉〈緩和ケア外来〉ほか、がん治療や生活の相談に幅広く応える〈がん相談支援センター〉、外来患者に抗がん剤の治療を行う〈外来化学療法室(25床に増床)〉が開設され、がんと共に生きる患者をあらゆる側面から〈支える〉機能が集約。がん患者に必要なキュアやケアを、ワンストップで提供できる環境が完成した。がんと共に生きる時代に必要な〈治し、支える〉機能をそろえ、地域がん診療連携拠点病院としてさらなる貢献をめざす、同院のこれからに期待したい。

メンバー登録して、記事下のコメント欄から、ご意見・ご乾燥をお寄せください。
記事投稿者プロフィール
  • 地域医療機関や企業・教育機関等、看護職のサポーターを引き受けていただいた皆様と一緒に、看護職のためのライブ感のたっぷりな有意義な情報をお届けします。

みんなに広げよう!

3+
avataravataravatar
コメントを書く

関連記事

未来を選択する貴重な2年間。

91 views
プロジェクトリンクト広報局

【Archive】地域が求める緩和ケアを。

157 views
プロジェクトリンクト広報局

地域のがん患者に最新の放射線治療を。

96 views
プロジェクトリンクト広報局

おすすめ記事

知りたいこと、疑問、あなたに代わって調べます。

取材リクエストを送信するにはログインする必要があります。