2018/12/28

「女子反応」と「プロ」。

13 views

僕の仕事は写真のカメラマン。10年以上前から、医療関係の広報・広告の仕事をさせていただいております。そんなことから、医療の現場は結構見ているつもりですが、今年夏に内視鏡での切除手術をすることになり、仕事のときとは違う緊張感を持って病院を訪れました。

かかりつけのクリニックに紹介された病院は、実は、年史や看護師募集パンフレットの撮影を、何度もさせていただいている大きな病院。さて、患者として一泊ですが入院してみると、看護師さんの見え方(僕から看護師さんを見て)が相当違うことに気づきます。

仕事の撮影でカメラを向けると、ほとんどの看護師さんは照れたり恥ずかしがったり、なかにはその場を逃げ出す人もいるなど、普通の女子反応をします(同行した編集担当者は、なだめる、元気づける、追いかけることに必死)。ところが、深夜に点滴(ただの栄養点滴)が外れ、ベットが濡れてしまったのでナースコールをすると、深夜にもかかわらず、重病人でもないにもかかわらず、飛んできてくれて、実に手際よく直してくれるのです。

そのときの彼女たちには、僕が声をかけても普通の女子反応は微塵もなく、まさにプロ。やさしさのなかにも凛とした空気が伝わって、見ている僕は、思わず「さすが!」と感じました。

本当を言うと、仕事で撮影にお邪魔したときにも、そういう表情を見せて欲しいんですけどね。そして、そういう表情こそが、「あなた」の本当の魅力だと僕は思います。

画像提供:PIXTA(トップ背景素材、手書きイラスト)

メンバー登録して、記事下のコメント欄から、ご意見・ご乾燥をお寄せください。
  • 看護・医療に関わる情報から、さまざまな生活情報まで、看護職の皆さんにとって役立つ情報を集め配信します。皆さんからの「こんなことを知りたい!」「ほかのナースは...

みんなに広げよう!

0
コメントを書く

おすすめ記事

知りたいこと、疑問、あなたに代わって調べます。

取材リクエストを送信するにはログインする必要があります。