2018/11/01

ホッとな看護&ホッとな日常〜訪問看護師A君の成長と、利用者さんの優しさ

199 views

身の回りで体験した「心温まる出来事」や「ホロリと涙する場面」。
愛知県看護協会に寄せられた会員のお便りから、ホッとな気持ちになれるエピソードをご紹介します。
今回は、訪問看護で働く会員の方からのお便りです。

訪問看護部署で、新しく働き始めた20代のA君。 最初の頃は利用者さんとの会話が続かず、沈黙の中にテレビの音が大きく聞こえていたのが印象的でした。久しぶりに訪問に同行し様子を見守っていたところ、入浴介助中のA君の声が聞こえてきました。 「畑のトマトが大きくなりましたねぇ」「お孫さん遊びに来ましたか?」 利用者さんの気がかりを受け止めて、しっかりとコミュニケーションを取っているA君がいました。利用者さんからは、「あの子が初めて一人で訪問するときは、俺のところに来ればいいよ」と言ってもらえるまでに。 A君の成長と、利用者さんの優しさに、こころがホッと温まりました。

(日進市 はなさん)

ご応募をお待ちしております
[文字数]
200~300字程度
[記載事項]
氏名、施設名、連絡先、匿名希望の方はペンネーム
[応募方法]
郵送またはメール <郵送> 下記へ封書にて送付

〒466-0054 名古屋市昭和区円上町26番18号 公益社団法人 愛知県看護協会 広報委員会宛

<メール> 件名を「ホッとな看護」として、下記アドレスへ送信

aikan@aloros.ocn.ne.jp

※応募いただいた原稿は返却いたしません。広報委員会で選考して「愛知県看護協会だより」で掲載・広報として活用させていただきます。

画像提供:PIXTA

メンバー登録して、記事下のコメント欄から、ご意見・ご乾燥をお寄せください。
記事投稿者プロフィール
  • 保健師・助産師・看護師・准看護師の有資格者による職能団体として、さまざまなイベントや研修に関わる情報をご提供。看護職としてのより高い専門性を支えていきます。

みんなに広げよう!

0
コメントを書く

関連記事

知りたいこと、疑問、あなたに代わって調べます。

取材リクエストを送信するにはログインする必要があります。