9/28(金)締切【多職種間交流会】人生の最終段階をトランプゲームで考えてみませんか?

愛知県看護協会
2+

もしバナ(話)ゲームで、縁起でもない話を身近に

「もしも自分の余命が、あと半年間だと言われたら?」「もしも介護が必要になったら?」

人生の最期にどう在りたいか――誰もが大切だとわかっていても、「身近な人と話をしたことがない」という方は、多いのではないでしょうか。

平成30年10月6日(土)に開催する、医療・介護関係者向け多職種間交流会では、人生の最終段階について、トランプゲームを用いて考えるグループワークを行います。

終末期医療に携わる方、本テーマに興味・関心のある方は、ぜひご参加ください。

開催概要
日 時 平成30年10月6日(土)14:00~15:30
場 所 碧南市民病院 多目的研修室
対 象 地域にお勤めの医療・介護関係者
主 催 愛知県看護協会・西三河南部西地区支部

締切は9/28(金)・詳細、お申込み方法はこちらから


『もしバナゲーム』™ってなに?

「縁起でもないから」と避けがちな人生の最期というテーマについて、ゲーム感覚で気軽に話し合うことができるツール。米国発のカードゲームを基に、『iACP(アイ・エー・シー・ピー)』が日本独自のルールを開発した。難しい話題を考えたり、話し合うきっかけに活用されている。

参考『もしバナゲーム』™ (iACPホームページ)
https://www.i-acp.org/game.html

画像提供:PIXTA(トップイメージ)

愛知県看護協会

5,618 views

保健師・助産師・看護師・准看護師の有資格者による職能団体として、さまざまなイベントや研修に関わる情報をご提供。看護職としてのより高い専門性を支えていきます。

プロフィール

コメントする

ログイン コメントしてください
  フォローする  
更新通知を受け取る »

関連記事一覧