安城更生病院で「介護・医療の現場で働く人のためのセミナー」を開催

WORK
4+

安城更生病院は7月14日に「介護・医療の現場で働く人のためのセミナー」を開催しました。

これは当院の認定看護師が講師になり、近隣の介護施設や訪問看護ステーションで働く人たちに対し、日々のケアで役立つ情報を提供するためのセミナーで職種を問わずだれでも参加できます。

第3回となる今回は166名の参加があり、3会場11講座はどこも熱気にあふれていました。

皮膚・排泄ケア認定看護師による「車いすでの褥瘡予防のポジショニング」や、集中ケア認定看護師による「安全な吸引」など実技の含まれる講義もあり、参加者からは「わかりやすく、すぐ実践に役立てられる」と好評でした。

また、がん化学療法看護認定看護師による懇話会の紹介や、がん性疼痛看護認定看護師による「痛み止めの使い方」の講義など、がんに関する講義も好評でした。アンケートには、「地域で治療を続けている患者さんの気持ちが理解できた」「利用者が飲んでいる薬がわかった」「痛みの観察に役立ちそう」などと記入されていました。

参加者の多くはケアマネージャーさんや訪問看護ステーションの看護師さんでしたが、介護福祉士さんやヘルパーさんもいました。どの参加者も熱心に参加されており、講義終了後には講師に直接質問をする人が列をつくる講義もありました。

参加者に資格の有無や職種を問わないため、講師を務める認定看護師は毎年テーマ選びに苦労をしているようですが、それぞれの専門分野の知識と技術を、地域で働く人たちに伝える大切な機会だと考えています。

これからも参加しやすく、参加してよかった、といってもらえるセミナーが開催できるような工夫をしていこうと思います。

1年に1度の開催ですが、現場で働く人であれば、資格も職種も問いません。ひとりでも多くの方の参加をお待ちしています!

安城更生病院

95 views

「安城更生病院は、人口112万人を擁する愛知県西三河南部地域の地域中核病院としての使命、ならびに「健幸先進都市」(健康と幸福の地域づくり)を掲げて発展を続け...

プロフィール

コメントする

ログイン コメントしてください
  フォローする  
更新通知を受け取る »

関連記事一覧