命を救う病院が、生活を見つめる理由。

LINKED plus
2+

命を救う病院が、生活を見つめる理由。

名古屋掖済会病院

「救急のメッカ」と称され、救急医療・高度急性期医療において、東海地区の医療を牽引してきた名古屋掖済会病院。
その高度化に今なお注力しつつ、平成29年12月、地域包括ケア病棟を開設。
命を救い、救った命のその後の生活を見つめる挑戦が始まった。

紙面版PDFをダウンロード

新たな生活再建を支援するための看護が、私たちには楽しい。

「Aさんが歌っている!」。伊藤光葉看護師は驚いた。Aさんとは、悪性症候群の男性患者。自分では全く動けず、話せず、水分や栄養剤を入れるためのチューブを、鼻から胃に通していた。病室ではテレビをつけながらも、熱心に観ていたわけではない。「Aさんの単調な生活が、私、ずっと気になっていたので、発熱が治まった日に車椅子で院内デイにお連れしたんです。少しでも刺激になるかと思って。そうしたら、他の患者さんと一緒に歌い始めて! 私、感動して、仲間の看護師と一緒に泣きました。その後は回復が早まり、今では自分で歩けるし、ご飯も普通に召し上がってます」(伊藤)。

「看護師のこうしたアプローチは、急性期病棟では難しい」と言うのは、千島紀子看護師である。「急性期は病気や怪我を〈治す〉期間。患者さんには安静が必要で、行動も制限されることが多くなります。それに対してこの病棟は、患者さんの心身を解放させ、ご自分を取り戻してもらうことが大事。病棟の性格が全く違います」。

では、そもそも地域包括ケア病棟とは何なのだろうか。役割は3つ。一つには、急性期治療を経過した患者の受入れ、二つには、在宅療養中に急性増悪した患者の受入れ、三つには、そうした患者への在宅復帰支援である。千島は言う。「急性期病棟では、すべてがこちらのペースになりがちでした。でもここでは、あくまでも患者さんのペースに合わせ、それを乱すことなく、生活の場でのペースを取り戻していただきます」。伊藤は言う。「患者さんやご家族の思いを叶えるために、何をすべきか考えます。多職種でのチーム医療ですから、看護師はしっかり患者さんの全身管理をし、必要な情報を各職種に伝え、そこからまた必要な支援を組み立てます」。

千島と伊藤は、この病棟での日々を、口を揃えて「とても楽しい」と言う。理由は「急性期病棟では、治すための看護が中心。生きるか死ぬかという瞬間もあり、看護師は退院後の生活が気になってもきちんと考える余裕はなく、それがジレンマでした。でも今は、患者さんの退院後の生活を再建するための看護。それがとても楽しいんです」(千島)。

では、今後の自分の課題は何か? 千島は「介護制度や福祉制度の知識を高め、退院支援能力を高めたい」。伊藤は「院内のみんなに、そして、地域の方々に、この病棟をもっと知ってほしい」。急性期とは異なる看護をこの病棟で手に入れつつ、2人はさらなる高みをめざしている。

千島、伊藤は言う。「患者さんの気持ちとご家族の気持ちが、異なるときがあります。その両方を受け止めて、ではどんな方法があるのか、それを考えるのも、私たちの役目です」。「麻痺のある方が、コルセットを自分で巻けるように、少しだけ工夫をしたんです。それを喜んでくれて、退院のとき号泣されました」。

三次救急とは別軸のセーフティネット。

医療界でも、社会でも、まだ正確な理解に至っていない地域包括ケア病棟。その立ち上げの労苦を一身に背負ってきたのが、澤田麻実病棟師長である。「私一人ではなく、千島や伊藤をはじめ、病棟に配属された看護師みんなで創り上げたんです」と微笑みながらこう続けた。「私自身、ずっと急性期看護をしてきましたから、生活に戻るための看護とはどういうものか、じっくり考えました」。

それで見出したのが、〈食事と排泄、自分で動く、生活での楽しみを持てる〉ことを支援する看護。根幹には、〈すべてを患者さん側から考える倫理観〉をおいた。

ではそれをどう病棟看護師たちに浸透させるか。澤田の手法は「みんなで考えよう、みんなで決めよう」である。「身体拘束グループ、ミトングループなど、いくつもグループを作り、どうすれば実現できるか話し合い、発表し、共有する。一つのワークが終わったら、次はメンバーを変えて別のことを考え発表し共有する。こうして病棟での看護のあり方を決め、最後は〈私がしたい看護って何?〉をテーマとしました」。

その結果は、千島と伊藤の言葉のなかにあるが、澤田は「何とか60点には到達。これからが重要」と言う。「これまでは、院内の急性期治療を終えた患者さんの受入れが中心でした。でも、最大の目標は、在宅療養の方が急性期病棟に入院するほどではないが、悪化した際の受入れなんです」。その理由は、医療制度の変化だ。医療の中心が病院から在宅に移り、地域に在宅療養患者が増加する。「そうした人々が、ずっと安心して生活を続けるために、三次救急とは別軸で、地域のセーフティネットとなることが、この病棟の、いえ、名古屋掖済会病院の使命だと思っています」と澤田は言う。

そのために大切なのは、地域との連携。そして、病棟に対する院内職員の理解。名古屋掖済会病院ならではの地域包括ケア病棟をめざし、澤田たちの挑戦はまだまだ続く。

この病棟から絶対異動したくない。地域との繋がりの大切さを知った。病気を点でとらえていたのが、今では線として見ることができる。ケアマネージャーの資格も取りたい。澤田の元には、病棟看護師たちのさまざまな声が届く。澤田は、「みんなこの病棟の看護に、やり甲斐を持ってくれています。もちろん私も!」と微笑む。

COLUMN

  • 〈掖済〉とは、腋に手を添え支え助けるという意味がある。名古屋掖済会病院は、昭和23年に誕生以来、ずっとそれを体現してきた。現在では、「断らない救急」の三次救命救急センターをはじめ、愛知県がん診療拠点病院、災害拠点病院等、いくつもの使命を持つ病院として地域医療に貢献し続けている。
  • その同院が、平成29年に地域包括ケア病棟を開設したのも、掖済の精神を貫いたもの。この病棟は地域ではまだ足らず、医療を必要とする地域の人が、行き場を失うことなく迅速、的確に医療を受けることができるように設置した。いわば在宅療養患者のための救急機能。医療を見つめ、地域を見つめる同院だからこその新しい試みである。
  • その新たな試みに全力を注ぐ看護師たち。試行錯誤の繰り返しのなかから、この病棟の意義を確かめ、急性期とは異なる看護を見出し、一人ひとりの患者の生活再建を推し進める。まさに〈掖済〉の精神そのものといえよう。

BACK STAGE

命を救う看護から、生活を再建する看護への挑戦。

  • 超高齢社会となった今、我が国の医療は大きく変わろうとしている。医療の中心を病院から在宅に移し、多職種による医療・介護サービスを受けて療養生活を続け、急性増悪したときだけ病院で治療を受けることを前提に、医療の仕組みの再構築が進められているのだ。
  • そこで重要になるのは、病院での治療と在宅での療養、それを誰が、どのようにスムーズに繋ぐかということ。その筆頭に挙げられるのは、看護師であろう。一番患者の身近に存在し、生活への視点を持って治療、療養を支えることができるからだ。だがその役割は決して簡単なことではない。急性期看護とは異なる知識、技術を、患者一人ひとりに合わせて提供し、且つ、地域との連携を進める能力をも必要とされる。
  • 名古屋掖済会病院の地域包括ケア病棟。これまで命を救うことを使命としてきた看護師たちが、生活を再建するという、病院の新たな使命を自らの使命として、逞しく歩み始めている。

プロジェクトリンクト広報局

5,312 views

地域医療機関や企業・教育機関等、看護職のサポーターを引き受けていただいた皆様と一緒に、看護職のためのライブ感のたっぷりな有意義な情報をお届けします。

プロフィール

1
コメントする

ログイン コメントしてください
1 コメントスレッド
0 スレッド返信
0 フォロワー
 
最も反応したコメント
活発なコメントスレッド
1 コメント作者
Yoshimi 最近のコメント作成者
  フォローする  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
Yoshimi
Yoshimi

ずっと急性期でやってこられた看護師さんたちが、未練や不安を抱えながらスタートした地域包括ケア病棟でのお仕事。今では「退院後の患者さんの生活を再建するための看護が、とても楽しい」と大きなやりがいを持たれているというお話に希望を感じます。

1+

関連記事一覧