WLB(ワーク・ライフ・バランス)推進ファイナルワークショップが修了

愛知県看護協会
6+

働きやすい職場への第一歩。看護職の<働き方改革>

「看護職の働き方をなんとかしたい」「看護職が定着する組織にしたい」――愛知県看護協会では、平成24年度から看護職のWLB(ワーク・ライフ・バランス)推進ワークショップ事業を実施しています。

平成28年度からは、より多くの皆さんに参加していただけるように、ゴールとなる目標設定を3年から2年に変更しました。参加施設は、数年にわたる取り組みを終えたのち、ファイナルワークショップで発表します。

平成27年度、平成28年度ともに、参加施設は地域支援者の支援を受けながら、PDCA(Plan・Do・Check・Action)サイクルを回し、課題解決に取り組むことができました。

『看護師長の院内留学』や『元気シニア世代の活用』なども

施設によっては、取り組み継続が危ぶまれた時期もありましたが、粘り強い地域支援者のアドバイスや報告会での他施設との交流を通して、すべての参加施設がファイナルワークショップを迎えることができました。

課題解決へのアクションプランは、『制度の周知』『時間外削減』など、施設で共通する内容もありましたが、『看護師長の院内留学』や『元気シニア世代の活用』など、各施設の特徴を活かした取り組み成果が発表されました。

ファイナルワークショップ発表後に、それぞれ授賞式を行いました。7年目を迎えたこの事業は平成30年度も継続します。


平成27年度参加施設 5施設(平成30年1月26日)

稲沢市民病院、東海記念病院、西尾市民病院、増子記念病院、守山いつき病院

平成28年度参加施設 2施設(平成30年2月27日)

海南病院、名古屋逓信病院

愛知県看護協会

5,619 views

保健師・助産師・看護師・准看護師の有資格者による職能団体として、さまざまなイベントや研修に関わる情報をご提供。看護職としてのより高い専門性を支えていきます。

プロフィール

1
コメントする

ログイン コメントしてください
1 コメントスレッド
0 スレッド返信
0 フォロワー
 
最も反応したコメント
活発なコメントスレッド
1 コメント作者
高木 仁美 最近のコメント作成者
  フォローする  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
高木 仁美
高木 仁美

この事業は今年度も行います
中小規模の病院が参加します

4+

関連記事一覧