共働きナースのラク家事大作戦!
洗濯を工夫すれば、家事はもっと楽になる。

LIFE
2+

共働きナースの皆さん、家事と仕事の両立、毎日、お疲れさまです。
今回は、洗濯をテーマに、ラク家事ポイントをご紹介します。

皆さん、洗濯はお好きですか。タオルや衣類がきれいになってパリッと乾くのは、なんとも気持ちいいものですよね。最近は「夫が洗濯を担当する」という家庭も増え、バルコニーで洗濯物を干す男性の姿を見かけることも珍しくなくなってきました。ただ、忙しくなると、ついつい、洗い物をたたんで収納するのが後回しになりがち。リビングの一角に、洗濯物の山ができても、見て見ぬ振りをしてしまった…そんな経験は、ありませんか。

実は、洗濯は家事のなかでも、作業完了までの時間がかかる仕事です。まず洗濯機で洗って、洗い物を庭やバルコニーに運んで、干す。洗濯物が乾くと、今度はそれを取り込んで、たたんで、家族それぞれのクローゼットにしまう。この一連の作業をすべてこなして、ようやく洗濯が完了します。洗面室からバルコニー、クローゼットへと、家事動線も長く、それだけ労力を必要とします。

では、洗濯を効率良くするポイントは何でしょう。それは、[洗う]→[干す]→[たたむ]→[しまう]の距離を短くすることなんです。その距離が短くなればなるほど、洗濯の作業をスムーズに<完了>させることができます。ただし、洗う場所、干す場所は、家の間取り上、ある程度、決まってしまうので、ここでは、「たたむ場所」と「しまう場所」について考えてみましょう。

皆さんは、洗濯物をどこでたたんでいますか。いちばん多いのは、「リビングや居間でたたむ」というケースではないでしょうか。次に、しまう場所ですが、タオル類は洗面室、衣類は夫婦の寝室や子ども部屋のクローゼットに分けてしまうのが一般的。マンションの備え付け収納も、個室ごとに用意されていますよね。でも、これでは、[たたむ]→[しまう]の動線が結構、長くなってしまいます。

そこで、提案したいのは、[たたんで、しまう]を一つにまとめた専用スペースを作ることです。たとえば、リビングに続く和室や洗面室近くの個室などを大胆に模様替えして、[たたんで、しまう]スペースを作ってしまいましょう。まず、部屋の奥にハンガーラックや収納ラックを組み合わせて、家族みんなの普段の衣類をまとめて収納できるファミリークローゼットを作ります。その手前に、洗濯物をたたんだり、アイロンがけができるスペースを作れば、[たたんで、しまう]作業をまとめてすることができ、家事が一気にスピードアップします。

また、衣類を出し入れしやすいファミリークローゼットを作れば、家族の片づけ習慣を促す効果も期待できそう。「自分の洗濯物は自分でしまうルール」を約束すれば、子どもたちもすすんで片づけを手伝ってくれるでしょう。
とにかく、寝室や子ども部屋に分散していた収納を一カ所にまとめるだけでも、家事効率が大幅にアップ。「洗濯物をしまわなくちゃ」というストレスから開放されることは間違いありません。


最後に、梅雨時の洗濯物について、ワンポイントアドバイス。雨の日が続いて、洗濯物が乾かないと、ストレスがたまりますよね。そんなときは、コインランドリーがおすすめです。
最近は町のあちこちにコインランドリーができて、ランドリーの使い勝手も上昇しています。家族の衣類をまとめて洗って、乾燥まですれば、生乾きのいやなニオイの心配もなく、気持ちいいですよ。

画像提供:imagenavi(洗濯をたたんでいる女性のイメージ)・PIXTA(左記以外)

Platz Nurse 編集局

113,465 views

看護・医療に関わる情報から、さまざまな生活情報まで、看護職の皆さんにとって役立つ情報を集め配信します。皆さんからの「こんなことを知りたい!」「ほかのナースは...

プロフィール

コメントする

ログイン コメントしてください
  フォローする  
更新通知を受け取る »

関連記事一覧